30代の転職のコツ

30代で転職をすることは難しい面もあるかもしれませんが、方向性さえ間違えなければ、十分に成功の目は期待できます。30代で転職を成功させるためには、何をすればいいでしょう。これまで蓄積してきた技術やスキルを自己PRに生かすことが、30代の転職活動のコツです。現在に至るまで、どんな会社でどのような仕事をしてきたかを、自己PRに組み込みます。営業の仕事をしてきた人なら、契約数や、どんな成績を上げてきたかなど、イメージしやすい表現を使いましょう。自分だけでこれをしたということができないかもしれませんが、チームを組んでこういうものをつくったというものがあればそれで十分です。チームの業績を伝えた上で、その中で自分の担当していた部分を言うようにしましょう。ただし、企業秘密を他者に漏らすことのないような配慮が必要になります。胸を張って語れる業績ばかりではないということもあります。30代の転職を成功させるには、挫折から何を学び、どう立ちなおったかという話も効果的です。既に社会人として働いているということが、20代にはない、30代の転職活動のポイントです。積み重ねてた年齢ぶんの結果を自己アピールに転化することができれば、30代になってからの転職もうまくいくでしょう。20代 ニート 就職

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です