インプラント治療の問題点

インプラント治療の問題点を広く調べたと思いますが、その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないといった話を聞いた方もいるでしょう。それは違います。磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。インプラントには主にチタンが使われており、磁気に反応しない性質を持っていて検査で問題になることはまずありません。入れ歯の装着に違和感があるという方、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとってインプラント治療がすすめられるでしょう。人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上に上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、費用がかかることは確かですが見た目は入れ歯よりも自然な感じで噛んだ感じも自分の歯に近くなります。あくまでも見た目、もしくは使った感じを重視する方には最適です。長年放っておいた虫歯があり、ついに歯を抜かなければならなくなりました。隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたが他の選択肢としてインプラントをすすめられて、インプラントの方が良いと考えました。保険がきかないため、高額になりますが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。インプラントで噛むようになり、しばらくして自分の歯と同じように噛めたのでインプラントにして良かったと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です